道の案内人

「すみません、ガーデンプレイスってどちらですか?」

 

昨夜、恵比寿をほっつき歩いていたら、とある女性に声をかけられた。

続きを読む

名前は結局そのまま

ジョーにしたのね?
えりがふつーに書いてたからわたしもいつかの記事でふつーに書いたけど、ジョーはジョーのままなのね?(カテゴリーも作ったみたいだし)

統一したいよぉー



天使なんかじゃない買ったのね!
女心が分かる日も近い  !?  *



9

 

f:id:frenchtoasty:20150209232105j:plain

 

 

 

 

When it comes to Sheena Ringo, you know everything.

 

林檎のことなら何でも知っているよね。

 

 

 

 

地面と揺らぎ

f:id:frenchtoasty:20150201234908j:plain

先週の出来事といえば、目立ったものは合コンに2回行ったことだ。どちらも幹事を任された。クソ忙しい中でメンツを集め日取りを決めて店を予約し〜とかウンタラカンタラ書いても仕方ないので結論を書くと自分お疲れっしたすごいねよくやったよみたいな内容なので書くのやめよう。

 

最近すごく感じているのは、自分の人生が揺らいでいること。去年、大きな決断をしてから実際に行動を起こし、もう後には戻れない部分もあること。仕事もあるし、家事もあるし、友人との付き合いもあっていろいろ回っていない。まぁでもこれが普通かもしれん。若いね(笑)とか言われそう。

そういう時はだいたい部屋の掃除をする。いらないものを捨てて、綺麗にして、サッパリする。モノも捨てるし、人間関係も切る。後者については実際に誰かに対して口に出すと恐ろしいが、意識せずとも誰でも自然にやっていることだ。優先順位から外れたら結果的にそうなる。自分はお人好しな部分があるからズルズルと続けてしまうこともある。冒頭の合コンみたいな IN があるなら、意識的に OUT していかないとこちらの身がもたないので仕方ない。

何かがうまくいかなくて気分が沈んだり凹んだり反省モードになると、その字のとおりに考え方も下向きになる。どこでそれが止まるかといえば、自分の用意した地面だ。「地に足の着いた」の地。自分の場合は、人生の転機の度に地面を上に押し上げてきた。高校合格、大学合格、企業内定。入社した時の意識は今も鮮明に覚えている。これから起きることで成功しても失敗しても、今のスタート時点、この地面が一番下だと。心のベースキャンプといったところか。

そして今立っているのは、そこからもう少し積み重ねたところ。しかもそこから飛ぼうとしてる。別のもっと高みを目指せる山に行くのか、墜落して今までにないほど下にある地面に着くのか。すべては、これからの助走次第だ。

 

人を楽しませたりしたいと考えているのに、結局は自分のことしか考えてないのでウケる。過去の栄光や成功・失敗といった類の話が見え隠れするところを見ると自分もやっぱり男なんだなと感じたり。思いついたままに書き殴ったけど読み返すと大体恥ずかしくなって消したくなるので読まない、消すと何もやってないのと同じだからな!

 

ジョー*

 

P.S. 

植物の写真すごくいい。家具との溶け込み具合カンペキ。雑誌に載ってそう。